地滑小心な羽田空港ブログ

羽田空港に関するお役立ち情報、ラウンジ情報、空弁実食情報、深夜の過ごし方など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽田空港国際線・ロイヤルパークホテル・ザ羽田の飛行機が見えるプレミアムフロア宿泊体験記

2014/10/04

先月9/30に開業したロイヤルパークホテル・ザ羽田。

早速実際に宿泊してみるべく、羽田空港国際線にやって参りました。

 

まずは外観から。

IMG_20141004_132021_R

奥のガラス張りの建物が国際線ターミナルで、白いビルがホテルです。

文字通り、国際線ターミナルと直結されています。

 

ホテルの看板も設置されました。

IMG_20141004_132122_R

これで、当初予定されていた羽田空港国際線の拡張工事は一通り完成となりました。

 

ホテルの1Fからは入れないような雰囲気?

IMG_20141004_132500_R

ビジネスジェットの利用者入口がこのあたりに新しくできていましたが、平民の私が利用することはないでしょう。

 

3Fの出発階に上がって、北側の保安検査場の奥からホテルに入ります。

IMG_20141004_142505_R

周囲はガラス張りで開放感があります。


ホテル棟の一部がガラス張りになっています。

IMG_20141004_142553_R

この部分にホテルのフロントがあります。

 

レストラン「TAIL WIND」の前には開業を祝う胡蝶蘭がまだ並んでいました。

IMG_20141004_142603_R

胡蝶蘭マニヤにはたまりません。

 

ホテルのフロントに到着。

IMG_20141004_142626_R

西洋人団体客がチェックイン中。

 

カウンターが横長でフロントの方も多くいるおかげで、待つことなく受付して頂けました。

今回ネットで予約しておいたお部屋は、最上階8F「プレミアムフロア」の飛行機が見える側のシングルルーム・朝食つきです。
公式サイトの60日前割引価格でも1泊2万1000円+宿泊税200円。

プレミアムフロアでない普通のシングルでも一番安くて1万円前後のようです。

 

チェックイン時にカードキーと朝食券を受け取ります。

あと、プレミアムフロアの特典で

 

(1) 出国後エリアのホテルラウンジ利用券またはレストランのコーヒー1杯テイクアウト券

(2) 2Fリフレッシュルーム1時間無料利用券 (2週間有効)

 

を1枚ずつ頂きました。

(2) は前回の記事でご紹介したリフレッシュルームの利用券です。
くー、ここで無料券をもらえるんだったら、今回の宿泊の後にレポートすればよかった・・・。

(1)は、宿泊後に海外に出発するお客さんで、ラウンジが使えない方にはメリットがありそうです。

 

フロントのロビーには、スタイリッシュなソファが置かれています。

IMG_20141004_143356_R

外にはモノレールとか多摩川の景色を眺めることができて開放的。

 

エレベータで8Fに上がります。

IMG_20141004_143435_R

前回のレポートでも書いたように、ルームカードキーをセンサーにかざさないと、目的の階に行けないようになっています。

 

エレベータで8F に到着。

IMG_20141004_143548_R

Premium Floorとのこと。

 

高級感のある廊下を進んでいきます。

IMG_20141004_143637_R

開業したてなので、新しくて清潔な雰囲気。

 

プレムアムフロアのシングルルームに入室。

IMG_20141004_143805_R

第一印象は、思ったよりも狭い・・・。

ベッドで部屋の半分近くが占有されている感じです。

でも、調度品などは新しくてピカピカで高級感はあります。

 

ベッドの上の寝巻きは、ガウンではなく上下セパレートタイプの衣服でした。

IMG_20141004_150104_R

この寝巻はプレミアムフロアのみのサービスとのこと。

ガウンとか浴衣のように、だらしなくはだけてしまうことがないのが実用的でよいです。

 

テレビとコーヒーメーカーと空気清浄機。

IMG_20141004_143837_R

テレビは三菱製。

空気清浄器はパナソニック製。

コーヒーメーカーはキューリグ社製(有名らしい?)で、プレミアムフロアの特典で無料で使用可能とのこと。

 

テレビの地上波3チャンネルでは、国際線の出発便の案内を表示可能。

IMG_20141004_145958_R

空港ならではの機能です。

ただし表示されるのは出発便のみで、到着便は見れません。

そりゃそうか。

 

無料のミネラルウォーターあり。

IMG_20141004_144001_R

コーヒーとジャスミン茶を作れるカートリッジも無料。

ミネラルウォーターも、これでコーヒーを作るためのものの様子。

一応使い方の説明書があるものの、このコーヒーメーカーを使いこなすのに少し難儀しました・・・。

 

テレビの下の棚。

IMG_20141004_144315_R

冷蔵庫、金庫、ティッシュ、ゴミ箱がコンパクトに収納されています。

 

冷蔵庫の中身は空っぽ。

IMG_20141004_144328_R

自分で空港のコンビニなどで買ってきた飲み物を冷やせるので便利です。

各フロアに1か所ある自販機で、酒類などの飲み物を購入可能ですので、ミニバーは不要、ということでしょう。

 

ちなみにホテルの自販機では、クリスタルカイザー500mlが140円、350mlの缶ビールが290円、350mlの氷結は200円で販売中。

思ったよりも良心的なお値段です。

 

引き出しを開けると、電気ポットとかコップが入っていました。

IMG_20141004_144400_R

コーヒーメーカーをどこかに撤去しないと、台の上に置くスペースがないのが悩ましいところ。

 

部屋の隅には、一応スーツケース置台もあります。

IMG_20141004_143916_R

が、いかんせん広げるスペースがあまりなく、部屋の入口を塞ぐような形で置くしかなさそうです。

 

テーブルと椅子もあります。

IMG_20141004_143907_R

テーブルの高さはやや低めなので、ノートPCを広げて長時間作業するのはちょっと疲れます。

 

これが椅子。

IMG_20141004_144159_R

中に金銀財宝が入っていそうな雰囲気を醸し出していますが、さにあらず。

蓋は開きません。座るだけ。

 

テーブル。

IMG_20141004_144713_R

リフレッシュルームにあったものよりは1回り大きいです。

ノートPCを置いても、マウスを走らせるスペースは十分あります。

 

が、コンセントから少し離れています。

IMG_20141004_144744_R

左が部屋の出入り口のドア。

丸テーブル最寄りのコンセントは、このドアのすぐ近くにあります。

ただ、このコンセントにプラグを差すと、ドアを開け閉めするときに当たってしまいます。

プラグを抜かなければ部屋を出ることができません。

 

なので、部屋を出たときも充電したい時は、ベッドの向こう側にあるコンセントを使うのがよいでしょう。

IMG_20141004_144441_R

コンセントの取り回しはちょっと不便かもです。

 

枕元にはパナソニック製の加湿器もあり。

IMG_20141004_143942_R

目覚まし時計もあります。

 

空調の操作パネル。

IMG_20141004_144231_R

もちろん温度設定可能。

安心と信頼の日本製です。

23度が私にとってのマイ最適温度です。

 

ベッドの奥に、クローゼットを発見。

IMG_20141004_144546_R

狭いスペースをできるだけ有効活用しています。

 

この中にスリッパあり。

IMG_20141004_144646_R

靴からこのスリッパに履き替えて、楽になりましょう。

 

そして目玉は、飛行機が見えるお風呂場。

IMG_20141004_144805_R

居室からお風呂とトイレがガラス張りで丸見えです。

 

一応、ブラインドを下ろして風呂場が見えないようにすることもできます。

IMG_20141004_144853_R

まあ、シングルだから丸見えでも別に構いませんけど。

 

窓の外には,駐機場やA滑走路、その向こうに管制塔と国内線第1ターミナル(JAL)が見えます。

IMG_20141004_144833_R

洗面台の鏡が窓の真ん中にあって、ちょっと外が見にくいです。

 

浴槽から窓の外から国際線の駐機場を眺めてみます。

IMG_20141004_145059_R

国際線の制限エリアの建物の屋根が広がっています。

ボーディングブリッジのある駐機場の機体は、機体後部しか見えません。

沖どめの機体がよく見えます。

 

A滑走路に着陸してくる機体を眺めることも可能。

IMG_20141004_145220_R

風呂に入りながら飛行機を眺められるというのが、この8Fがプレミアムフロアの特徴です。

7Fからだと、たぶん屋根が邪魔であまりよく飛行機が見えないかもです。

あと、同じ8Fでも反対側のお部屋は、多摩川とかモノレールが見える感じになると思います。

確実に駐機場が見えるお部屋を予約したい場合は、予約時に「プレミアムフロア」で「飛行機が見える云々」が記載されているお部屋のプランを選びましょう。

 

サテライト棟の向こうのB滑走路も、やや遠いですがギリギリ見えました。

IMG_20141004_145124_R

この日は北風だったため、B滑走路に飛行機が着陸する様子は見れませんでした。

 

キャセイの747がプッシュバック中。

IMG_20141004_164046_R

プッシュバック中の機体はよく見えます。

 

洗面台とトイレ。

IMG_20141004_144925_R

新しくてピカピカです。

トイレはもちろんウォシュレットつきです。

ドライヤーやティッシュもあり。

 

アメニティ類。

IMG_20141004_145011_R

歯ブラシセット、髭剃りセット、ヘアブラシ、おじさんにはあまり縁のないシャンプーハット、など。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープももちろん完備。

IMG_20141004_145331_R

窓際に置いてあるので、飛行機ウォッチャーにはちょっとジャマかもです。

 

高級そうなTHE・タオル。

IMG_20141004_145304_R

紫色なのがおしゃれな感じです。

 

というわけで、しばらくコーヒーメーカーでコーヒーを作ったり、ノートPCでブログを書いたり、ターミナルのおこのみ横丁に食料を買出しに行ったりして時間を過ごしました。

 

夜になると、滑走路や誘導路の灯火やライトアップされた機体がキレイです。

IMG_20141004_173902_R

いい雰囲気です。

 

国際線ターミナル1Fには、24時間営業のコンビニ(Air Lowson)がありますし、同じく24時間営業の吉野家、モスカフェ、羽田食堂も近くにありますので、深夜でも飲み食いや生活必需品の買出しに困ることはありません。

24時間開いている国際線ターミナルの深夜がどうなっているのか、探検してみるのも面白いかもです(私だけ?)。

 

こうして(飛行機に乗らなくても)空港にお泊りするだけでも結構楽しいです。

 

長くなったので。次回は朝食バイキングの編。

 

関連記事:

羽田空港国際線直結のロイヤルパークホテル・ザ羽田が開業したので早速行ってみた(けど宿泊しない)の編

羽田空港国際線・ロイヤルパークホテル・ザ羽田の「リフレッシュルーム」でシャワーを実際に浴びてみたの編

羽田空港国際線・ロイヤルパークホテル・ザ羽田の朝食バイキングを実食するの編

 

「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」のご予約や宿泊料金などの詳細はこちらから。

ロイヤルパークホテル ザ 羽田の公式サイト
ロイヤルパークホテル ザ 羽田 (楽天トラベル)

 

羽田空港国際線早朝・深夜便の利用方法のまとめはこちら
始発より前に羽田空港国際線に到着する方法まとめ
終電より後に羽田国際線に帰国した場合まとめ

関連記事
[ 2014/10/07 01:04 ] ロイヤルパークホテル・ザ羽田宿泊記 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

DeiGwat

Author:DeiGwat
「地滑小心な旅行ブログ」の姉妹ブログです。
海外旅行に関するお役立ち情報など

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。